RSS | ATOM | SEARCH
ラベンダー・グロッソが色づきました。
JUGEMテーマ:ガーデニング入門
冬の間夜は部屋に取り込みました。
そしたら温室育ちのように徒長してしまい心配していたら暖かくなるのに合わせて色づきました。
昨年まではラベンダーは耐寒性ものだと思っていたのですが、この頃調べいたらこのグロッソ系はあまり耐寒性がないのを知り部屋に取り込んでいたのです。

芽の動き出しが大変早くてびっくりしました。
「温室育ちのように」って実感なのです。
たぶん外においてある状態より2ヶ月は成長が早まったような気がします。

苗の業者さんがこんな風に育てるのかな・・・と分かったような気分です。
これが1株ごとの苗ポットに入っていたらちょっと花芽をつけたハーブ苗って感じですから。

毎年デンタータ系に比べ春になっても芽も出ずにとうとう枯れてしまったかとがっかりしているうちに、いつ頃なんでしょうか、初夏も近い頃でしょうか、新しい芽が出てつぼみが膨らんで色づいてきたのを何年も見てきたからです。

090409_1050~0001.jpg

▼苗の前の様子はこちらをくりっくしてください。

▼満開!5月7日
まだまだ芽が沢山出来てきていて本来のシーズンにも十分楽しめそうです。

090507_1444~0001.jpg
author:Naturaleza, category:ラベンダー, 10:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/76