RSS | ATOM | SEARCH
アジサイもダウン 群馬で猛暑日
JUGEMテーマ:ガーデニング入門


日本列島は22日、
広い範囲で梅雨の晴れ間となり、
群馬県館林市では36・3度(午後3時現在)を記録するなど、
各地で今年初めてとなる35度以上の猛暑日となった。  

東京都心や仙台市も
今年初めて30度以上の真夏日となった。

 気象庁によると、午後3時10分現在、
猛暑日を記録したのは群馬・館林、
伊勢崎(36・2度)、
前橋市(36・0度)、

埼玉・熊谷(35・5度)、
静岡市(35・3度)、
群馬・上里見(35・3度)、
埼玉・秩父(35・2度)、
群馬・西野牧(35・2度)、
山梨・大月(35・1度)、
栃木・佐野(35・1度)など。


今日は本当に暑かったですね。

昨日も結構暑くて
出かける前に念入りに水遣りをしました。

帰りが夜になると思ったのです。

栃木県の足利市に出かけたのですが
そちらではすごい夕立になりました。

足利市は栃木県と言っても
ここから車で1時間もかからない場所ですが
帰って来てみると
前橋では降っていた様子がありません。

最近、特にこの2,3年
前橋の夕立
上州名物のカミナリが減ったような気がします。

そんな点でも
気候がおかしいな・・・・
と感じます。


さて、さて、
アジサイですが
当然
雨が少ないので
これまでのように
夕立が降るかもしれないから・・・・
と水遣りを控えめにしていると
とんでもない事になります。

夜はなんとか過ごしたとしても
翌朝の日光の加減や
気温によっては・・・・・

まして、
今日のような猛暑日は
アジサイの鉢を日陰に移動しても
シュンんとなってしまった
葉や花がなかなか戻りません。

それどころか
葉が
部分的に
チリヂリに焼けてしまったようです。

アジサイが火傷を負ったようなものです。

しおれた程度なら
水をあげたり
日陰に入れると
戻ったりしますが
葉焼けを起こしてしまうと
その葉は戻りません。

今年の花芽がない枝なら
剪定をしてしまって
葉から水分の蒸発を防ぐのも一案です。

咲いている花も
その程度に合わせて切り詰めます。
咲いたばかりなら
切り花にして花瓶に生けるのも素敵です。



まだ梅雨明けまでに日もあり
ゆっくりと花を楽しみたいと思いますが
株を痛めてしまうよりは
早めの剪定も良いと思います。




author:Naturaleza, category:あじさい 紫陽花, 16:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/426