RSS | ATOM | SEARCH
ニホントカゲ
JUGEMテーマ:ビオトープを作ろう

先日、トカゲについて記事を書いたのですが
去年より個体数が増えています。

3匹くらい同時に現れて並んでいた事がありました。
色は見分けられなかったので
どういう3匹なのか分かりません。

どうやって増えるのか・・・ふと、気になりました。

調べてみると卵を生むのですって。
一度に1〜16個くらいらしいです。

変温動物だから卵を暖めることはしないと思うのですが
土の中に卵を生んで見守っている感じでしょうか。

卵が孵化したら赤ちゃんのトカゲは何を食べるのか・・・・


考えてみたらトカゲの事なんか何も知りません。

亀やカエルは小学校の時に良く飼いますし
よく見かけるから、身近なんですが・・・

でも、でも、です。

ニホントカゲの幼体を1度見たら興味が湧きますよ〜〜
尾の付け根辺りから、細い細い尾の先まで
メタリックブルーに輝いているのです。

頭は黒く光沢があって・・・・・

スプレーでもかけられたかと思うほど。

そのうちカメラに収まってくれるといいのですが。

今日、見かけたのはその通り
メタリックブルーに輝く幼体のニホントカゲでした。

実は去年の春にこの事は知りました。
今年で2度目、たぶん去年見たのが幼体のままな訳ありませんから
最近生まれ育ったのだと思います。

だから、このごろ見かける3匹は親子かなと思ってみたりしています。

でも、トカゲって親子や兄弟で一緒にいるんでしょうか?

こういうのを無知というのだなあ〜〜とつくづく思います。



興味がある人は TBS生物図鑑:ニホントカゲのページで幼体が見れます。
   
author:Naturaleza, category:鳥や虫たち, 22:30
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/380