RSS | ATOM | SEARCH
まだまだ元気なペチュニアたち




相変わらず元気に咲いてくれているペチュニアです。

冷え込んできたので初霜に合わせて
霜に当たらないようにベランダのテラスの中に置きました。
今日は1日雨模様のようですが何日か暖かい日が続いたので
花壇植えだった八重咲きのピンクのペチュニアを移植しましたが
なんとか元気になりました。

室内に入れきれない匂いゼラニウムも試しに寄せ植えしました。
ここでこのままでは真冬は越せないでしょうから
冬越しの方法をいくつか考えています。

室内に取り込めば一番いいのですが・・・・




コンシネと植え込んだ夏の寄せ植えですがまだ花を付けて元気なので
やはり雨や霜を避けてテラスの屋根の下に置いてあげています。

ビオラのこぼれ種から芽が出ているのでそれを育てながら・・・

赤や緑のトーンの違う植物を補って上げたら季節感がでるかもしれません。

白いペチュニアは春購入した5株がみんな元気です。

元気な訳は適度な肥料が良かったのでしょう。
春から夏にかけてハイポネックスの液肥を週1回ペースであげていました。
でも、まま、忘れたり・・・
切らせてしまって、あげてない時もありましたし・・・
100均で買ってきた化学肥料をあげたりもしました。

100均の肥料も結構良くてパラパラ蒔いてあげると
元気になり花が増えます。

それが面白くて他の鉢もあげていたので
今年はどれも元気に育ってくれましたね。
author:Naturaleza, category:ペチュニア, 07:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/266