RSS | ATOM | SEARCH
秋にも咲き始めるスィートバイオレット
JUGEMテーマ:ガーデニング入門 スミレのコレクションです。

スミレの品種を少しずつ集めている、一つです。
今日咲いているのを見つけました。
春、購入した時はまだ幼苗のため
あまり花を付けなかったので
これから充実期になり来年の春は楽しみです。
鉢を一回り大きくして7号ポットにしました。

今年はツマグロヒョウモンとの遭遇で
スミレやパンジーの種類はずいぶん食べられました。
これも少し食べられている跡があります。
その上、ベランダのラックにおいて
手もかけられずに春も夏も過ぎてしまったぁ〜

これからは食べられる訳にはいかないので
がんばって駆除してみましょう。
幼虫にはかわいそうですが・・・

予防に酢農薬をかけてみようと思っています。
木搾酢もいいかもしれません。

ツマグロヒョウモンは適応性が高く温暖化の影響もあって
幼虫のまま冬越しをするらしいです。
たぶん小さいまま目立たなく葉の裏や密集しているところにもぐっての冬越しでしょう。
見つけにくくなると思います。

ツマグロヒョウモンについて詳しくは▼こちらへ
090927_1009~0001.jpg

追記 2009・9・30

植え替えがうまくいって酢農薬も効果が出たのか
スィートヴァイオレットが元気になりました。
つぼみも花も増えてきました。



春に購入した時に咲いて真夏はお休みでした。
この頃一気に元気になりました。
毎日つぼみが増えて咲いていくので楽しみです。

酢農薬のおかげか、食べられた跡も痛々しかった葉も
緑の濃さも増した元気が葉がこんもりして来ました。
春から見ていましても
スミレ。パンジー。ビオラには酢農薬は大変相性が良いようです。

author:Naturaleza, category:スミレ, 22:51
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/228