RSS | ATOM | SEARCH
秋茄子は嫁に食わすな!
JUGEMテーマ:ガーデニング入門


ナスも元気を取り戻してきました。


090918_0805~0002.jpg

090918_0805~0001.jpg

先日の寄生植物?は、已然なんだったか分からないのですが
ナス栽培をしている知り合いがいるので聞いてみたところ
「きのこ」じゃあないか・・・との事でした。

ホームセンターで買った土でも時には何かの菌が混ざってしまって繁殖し病気になってしまうこともあると事。買った土だからと、安心してしまった部分もあるのでがっかりしました。

そして、ナスが元気がないのはそれには関係なく
「肥料が足りないので成長しないのでしょう」とのことです。

「ナスは何個収穫しましたか?」
と、反対に聞かれました。

何個も採った気がしなかったのですが花は花は結構咲いた気がしますし真夏は肥料を控えた時もあるので、きっと足りなかっただろうと思うのです。

これからのシーズン、おいしい秋茄子の収穫へ向けて手入れを教えてもらいました。

・土を入れ替えて多少枝を詰めて元気にさせる方法

・土を入れ替えられなかったら、丸い棒で10っ箇所くらい刺して空気の通り道を作る。
薄めた肥料をあげる。(固形のままよりも肥料を溶かしてあげることで効果が出やすい)
花が咲いたら受粉を人工的に手伝って実がなりやすいようにしてあげる。
(苗の力が落ちているので自力で受粉するのが難しいかもしれない。)

こんな風に手を入れてあげて効果が出れば10月中はナスの収穫が期待できるそうです。
そこまでいくと苗もいよいよ終わりということです。


「秋茄子は嫁に食わすな」
これはおいしい秋ナスを意地悪で言っていることもありますが
「ナスは体を冷やす食べ物なので秋になったらお嫁さんには冷え性を心配して食べない方がいいよ」という教えもあるようです。



追記 

3日後です。
ナスはまだ小さめですが大きい順に3つ収穫して味噌汁の具にしました。
追肥をしてみます。


author:Naturaleza, category:野菜づくり, 08:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/217