RSS | ATOM | SEARCH
ゴーギャンやモネのひまわりって?

今朝も昨日のつづきで草むしりです。

昨日なんとか雑草の中からひまわりを救い出し元気に育ってほしいと願っています。

「いんぐの森」というネットショップを時々使っているのですがメールマガジンが届きました。

ゴーギャンのひまわりッて有名な絵ですが、そのひまわりって私たちが普段見かけと違う感じがします。
こんな風に咲いているんですね。
かなり似ていると思います。

いかにも「ゴーギャンのひまわり」という元気な弾けそうなひまわりです。

ゴーギャンのひまわりは八重咲きの花と一重咲きの花が混じっているのも特徴です。
こんな品種どうやって作るのか不思議です。





一方、静かな庭園を描いていたモネのひまわりも有名ですが、モネのひまわりはクリーム色でしっとりと優しく細い花びらを沢山つけています。

ひまわりさえも印象派!ッて感じになるんですね。





子供の頃から見ていたオーソドックスなひまわりを見ても
画家の感性であんな風に描くのかと思っていたのですが
こういう品種のものを見ていたのでしょうか?
それとも種苗会社がゴッホのひまわりを再現したのでしょうか?

なんとも、にわとりとたまごのようなものだと、思いながらも
色んなひまわりが楽しめる事は良いことですね!
author:Naturaleza, category:ひまわり, 08:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.surlevent.com/trackback/170